今年こそ神棚をまつろう

神棚のまつりかた


年末は新しく神棚を設ける絶好のチャンスです。 ご神霊は「冬」
に新しく生まれ変わり、再びご神威が強力になるとされています。
ここでは、「神棚を新たに設置したり、お札の交換に良い吉日 」
そして、「新しく神棚を設けるまでのプロセス」を解説いたします。




今年(平成28年)年末の吉日について
神棚の設置、お札の交換には吉日を選んで行いましょう。おっと、その前に大掃除を
忘れずに。既に神棚をまつっている方は、大掃除の際に神棚の掃除も行いましょう。

それぞれの選日法では吉とされる日、×は凶とされる日です。
六曜
十二建
二十八宿
付記
22() 仏滅 ×  
23() 大安  平 
24() 赤口 定  四が「死」に通じるので、避ける所がある。
25() 先勝  
26(月) 友引 ×  
27(火) 先負 危  不成就日
28(水) 仏滅 × 十方暮入り
29(木) 赤口 九が「苦」に通じるので、避ける所がある。
30() 先勝  
31() 友引  ×  × 一夜飾りと言ってこの日に飾る事を避ける所がある。


 本年年末は「大安」の日が23日のみとなっております。さすがに23日では早すぎると思います。25日または30日が差し障りない日のようですので、このあたりの日に行うべきかと存じます。
 何よりも大事なのは、御神札等をきちんとに用意して、大掃除にあわせ神棚もきれい掃除した後に御神札を納める事です。吉日に行なっても、神棚の掃除が不十分では御神威も不十分となってしまいます。



以上を参考にして、神棚の設置やお札の交換の日を決定してください。

関連
神棚とお札に関する質問
年末のお札を取り替える日はいつがいいですか?
年末にお札をとり換えた方が良い理由については
どうしてお札は一年毎に取り替えるのですか?

十方暮や不成就日など選日についての解説は
日の選び方






新しく神棚を設けるまでのプロセス


最初に神棚を置く場所を決めます。

神棚の設置場所・家のどこが良いか?
↑を参考にして、清浄な良い場所を選んでください。



神棚を求めます。
 近頃はホームセンターなどでも安く手に入るようになりました。でも家具屋さんの物に比べると品質が落ちるよ うです。知り合いの大工さんが言ってましたが、「ひのき」と表示してある神棚は、ほとんどが「ひのき」を使ってい ないとの事。あんなに安くできるはずが無いという事ですが、そういえば「ひのき」の香がする神棚ってお目にか かった事が無いなあと思いました。
 まあ、「ひのき」にも色々あるでしょうから、あまり詮索してもしょうがないですが。

どんな神棚を購入すればいいですか?
お札が入らない事には求める意味がありません。



祭器具を求めます。
 これも、やたらと小さいものは使いにくいです。ビーダマ位の大きさしかない「水器」、お酒を入れる事が著しく 困難な「瓶子」などいったい何のためにあるのか、よくわからない物も時々見られます。器は「装飾品」ではありま せんから注意。

祭器具の選びかた



神職にお祓いをしてもらいます。
 地元の神社に依頼してお祓いをしてもらいましょう。市販の神棚の箱には「お清め済み」と書いてありますが、 神棚をおまつりするに先立って神職に「お祓い」をしていただくと、より丁寧です。お祓いの際には、ほとんどの場 合、必要なお札も一緒に頂戴する事ができますので、おすすめです。
 お祓いには、神社に神棚を持参して行う方法と、神職を自宅に招いて行う方法があります。後者の方法は設置 する場所も一緒にお祓いしますので、最も丁寧な方法と言えますし、設置したい場所を実際に神職に見てもらう 事もできます。但し、費用を考えると前者の方に分があります。 

ご祈願ご案内



神棚を設置・日々のおまつり
 神棚は部屋のインテリアとして、置いておくだけでは全く用をなしません。きちんと「おまつり」する事によって 様々な、ご加護が皆さんの家庭や職場に与えられる事でしょう。

神棚のまつりかた
日常のまつりかた
お歳神さまのまつりかた

神棚の取り替え(更新)について

トップへ
トップへ
戻る
戻る